ももいろどけいの日記

アラサー女子のブログです。

バレンタインの義理チョコ失敗談

そろそろやってきましたねー!

(*´v`)σ*バレンタインデー♥(´v`*)

 

私は今年も本命チョコをつくる予定はないのですが…。

普段お世話になっている人や友達に義理チョコをプレゼントするのは

けっこう楽しかったりします☆彡

 

でも、うゎやっちまった経験もあります。

 

バレンタインが休日。何日に渡すのかを確認すべし。

以前、会社の先輩と義理チョコをみなさんに配ろうという話になりました。

その年、バレンタインは日曜日。会社はお休みです。

 

意思疎通ができていなくて、先輩は2/12(金)に、私は2/15(月)にチョコレートを持っていきました。

 

男性が多い職場で義理チョコでもかなり喜ばれたのですが、皆さんの記憶に残ったのは後に配った私の方。

しかも、入社して1年目で、学生の頃と同じような感覚で簡単な手づくりをつくっていったものだからよりインパクトがあったらしく、先輩にかなり申し訳ない想いをしました…。

 

今年もバレンタインは土曜日。何日に渡すのか日にちは確認しておきたいものです。

 

レシピをアレンジした結果、失敗。

トリュフをつくる際に、ホワイトチョコでできたらおいしいだろうなと思いつきました。

そこで、レシピに書いてあるチョコレートを、ホワイトチョコレートに置き換えてつくることに。

 

んですが、問題が発生しました。

溶かしたホワイトチョコレートと生クリームを混ぜて、温度が下がってきたら程よく固まるので丸めて…とするはずなのですが、

いつまで経っても固まらないんす。

なんでやーー( ̄◇ ̄;)

 

きっと成分か何かの関係なのでしょう。自分の能力を過信して、アレンジしたりぶっつけ本番でやっちゃうのは良くないなと思いました。

 

チョコレートを渡す雰囲気でなかった

高校時代の部活でなぜか、バレンタインには女子部員は、チームメンバーと顧問の先生にチョコレートをつくって持っていかなければならないという掟がありました。

 

そして当日、男子部室に持っていったのですが、男子部員はもう、漫画読んだり各々自由に過ごしていて、家で引きこもっているときと同じような雰囲気。

声をかけて渡しましたが、はいと渡して、どうもと言われたくらい。

こんなところにお邪魔してなんだか申し訳ございませんという気持ちになりました。

 

もっといい渡し方があっただろうなぁ。。

 

 

 

今年は私、義理チョコさえも渡すか分からないなんとも寂しい状況なんですが、

それでもこの時期にチョコレート売り場を見るとワクワクしてきます。

チョコおいしそうやしね。そして、純情な女の子が想いを募らせてこの売り場に来ているのかと思うとなんとも微笑ましく胸がいっぱいになります。

お前もがんばれ。はいそうですね。

今年も2月14日が楽しみです♪♪♪