ももいろどけいの日記

アラサー女子のブログです。

世界水泳2015賞金は金メダルでいくら?銀や銅、オリンピックとも比較

世界水泳ロシア・カザン2015の開催が近づいてきました!

最近のスポーツといえばなでしこのW杯準優勝に沸きましたが、世界トップ選手にも関わらずアルバイトで生計を立てているメンバーも多いということが話題になりました。厳しい状況の中でも上を目指す姿…涙がちょちょ切れます。。

f:id:momo-tokei:20150717210008j:plain

 

ですが先日、なでしこの選手へのボーナス支給のニュースがありました!

日本サッカー協会(JFA)からのボーナス(推定100万円)に加え、国際サッカー連盟(FIFA)からの賞金(約1億6250万円)を選手に特別ボーナス(300万円)として支給するとのこと。総額400万円!!!

 

参考:なでしこジャパンに準優勝ボーナス1選手300万円 - 日本代表 : 日刊スポーツ

 

スポンサーリンク

 

 

いやぁ…良かったよぅ(ノД`)・゜・。

賞金なんていうとなんだか贅沢をするってイメージになっちゃいます。ですが裏での苦労があると思えば、ぜひこれでサッカーに専念する環境つくってください、いや別に全額サッカーに使わなくてもいいから、W杯お疲れ様だしたまにはおいしいモンでも食べに行ってください!!って思っちゃいます。 

 

さてさて、メダルを狙える日本人選手も多く期待したい世界水泳。このへんの事情って一体どうなっているのでしょうか?

金メダルをはじめ、活躍した選手にはどれくらいの報酬があるのでしょうか??

 

世界水泳2015のボーナス

ボーナスの総額については過去最高ということです。

 国際水連は17日、7月24日からロシアのカザニで開催される世界選手権の賞金総額が過去最高の約550万ドル(約6億8200万円)になると発表した。前回2013年大会の310万ドルから大幅に増え、各種目の6位までだった賞金の対象も、8位までに拡大された。

 競泳の世界記録更新のボーナスは3万ドル(約370万円)となった。(共同)

 

世界水泳の賞金総額は過去最高6億8200万円に - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

 

詳細は以下の通りです。円で表示していますが、3万ドルが370万円というのをもとにしました。

 

競泳

1位 250万円($20,000)

2位 180万円($15,000)

3位 120万円($10,000)

4位 60万円($5,000)

5位 49万円($4,000)

6位 37万円($3,000)

7位 25万円($2,000)

8位 12万円($1,000)

 

オープンウォーター

1位 250万円($20,000)

2位 180万円($15,000)

3位 120万円($10,000)

4位 62万円($5,000)

5位 49万円($4,000)

6位 37万円($3,000)

7位 25万円($2,000)

8位 12万円($1,000)

 

飛込

1位 250万円($20,000)

2位 180万円($15,000)

3位 120万円($10,000)

4位 62万円($5,000)

5位 49万円($4,000)

6位 37万円($3,000)

7位 25万円($2,000)

8位 12万円($1,000)

 

高飛込(男子)

1位 250万円($20,000)

2位 180万円($15,000)

3位 120万円($10,000)

4位 62万円($5,000)

5位 49万円($4,000)

6位 37万円($3,000)

7位 25万円($2,000)

8位 12万円($1,000)

9位 11万円($900)

10位 10万円($800)

11位 9万円($700)

12位 6万円($500)

13位 6万円($500)

14位 6万円($500) 

 

高飛込(女子)

1位 250万円($20,000)

2位 180万円($15,000)

3位 120万円($10,000)

4位 62万円($5,000)

5位 49万円($4,000)

6位 37万円($3,000)

7位 25万円($2,000)

8位 12万円($1,000)

9位 11万円($900)

10位 10万円($800)

11位 9万円($700)

12位 6万円($500)

 

シンクロ(ソロ・デュエット)

1位 250万円($20,000)

2位 180万円($15,000)

3位 120万円($10,000)

4位 62万円($5,000)

5位 49万円($4,000)

6位 37万円($3,000)

7位 25万円($2,000)

8位 12万円($1,000)

 

シンクロ(チーム)

1位 620万円($50,000)

2位 490万円($40,000)

3位 370万円($30,000)

4位 250万円($20,000)

5位 180万円($15,000)

6位 120万円($10,000)

7位 92万円($7,500)

8位 62万円($5,000)

 

水球

1位 990万円($80,000)

2位 860万円($70,000)

3位 740万円($60,000)

4位 620万円($50,000)

5位 490万円($40,000)

6位 370万円($30,000)

7位 250万円($20,000)

8位 120万円($10,000)

 

参考:

http://www.fina.org/H2O/docs/events/kazan2015/sw_summons.pdf

 

世界記録更新のボーナスは370万円。個人やデュエットの金メダルは250万円です。

そして銀は180万円、銅メダル120万円。

いやすーっごいのですが、なでしこ準優勝が400万円だったからどうしても比較してしまいます。もうちょっと支払われている気がしていました。

 

でも世界記録だと金メダルの賞金も一緒にいただけますからね。

 賞金総額が過去最高だし、国際水泳連盟も選手のために奮発しまくっています。

 

スポンサーからの賞金も。

ただし、上記は国際水泳連盟からの賞金。これまでスポンサーからのボーナスが出たこともありました。今回の世界水泳2015も競泳ではGMOクリック証券から賞金が支給されます。

 日本水連は25日、世界選手権(カザニ=ロシア)の競泳日本代表選手に対し、協賛社のGMOクリック証券から金メダル1個獲得につき500万円の報奨金が支給されると発表した。銀メダルには100万円、銅メダルには50万円が、それぞれ1個につき贈られ、リレー種目は出場人数で均等割する。

 

金メダル取れば500万円 世界選手権競泳で報奨金支給 ― スポニチ Sponichi Annex 競泳

 

すげー!!!500万っ!!!

選手もモチベーション上がりますね!!

世界記録で金メダルだったら合わせて1,120万円ですよ。

 

今大会の日本の目標は金を含む10個という話がありましたが、仮に金4個、銀3個、銅3個とすると合計2450万円となります。加えてGMOクリック証券さんは競泳日本代表応援CMもしているそうですし、その他支援している部分もあるだろうし、ほんとにこの世界水泳のためにもーのすごく協力してくれているんですね…ありがたやー!

(ノД`)・゜・。

 

スポンサーがあってこそスポーツは成り立っているんだなと改めて感じてしまいます。

 

他の大会との比較

世界水泳も2年に1度開催の大きな大会。でも水泳の最高の舞台といえばオリンピック。さらにその他にも国際大会はありますし、他の大会の賞金もみてみましょう。

水泳の賞金はそれほど高くない。W杯優勝で1500ドル(約18万円)、2位1000ドル(約12万円)、3位500ドル(約6万円)だ。日本での大会の場合、日本選手権(25mプール使用)水泳競技大会で優勝して10万円である。

しかし、水泳選手のメインイベントは、やはりオリンピック。

ロンドン五輪での日本人選手の場合、金メダルを獲ればJOCと水連とオフィシャルパートナーから合わせて3500万円、銀メダルで600万円、銅メダルで250万円が支給されることに。

 

仰天給与明細05 水泳 近頃、賞金が出る大会が増えてきた! 日本の場合、五輪金メダルで3500万円 - エキサイトニュース

 

まじかー!!!

オリンピックは金メダルで3500万円!ゼロが1コ増えました!!

そんでもって、金と銀の格差がすごい。約6倍!!!

 

一方、W杯優勝は18万円…

一般サラリーマンのボーナスと比較しても悲しいです。

今回の世界水泳も各種目の賞金対象が8位まで拡大されたとはいえ、個人・デュエットの8位の賞金は12万円です。

 

オリンピックの賞金はびっくりな金額ですが、実態は厳しいようです。

水泳選手の定期的収入は、渡部香生子のような学生の場合はほぼゼロ。企業に勤める社会人なら、一般のサラリーマンと同程度の給与でしょう。ただ、入江陵介のように有名になれば、他の種目のスター選手と同じように、CM契約料やスポンサー契約料が入るようになり、かなり収入が増えるはずです。

 

仰天給与明細05 水泳 近頃、賞金が出る大会が増えてきた! 日本の場合、五輪金メダルで3500万円 - エキサイトニュース

 

華やかな表舞台の裏で、やはりお金や利益だけではなくそのスポーツに対する情熱があるからこそ競技を続けているのでしょうね。

 

まとめ

今回の世界大会の賞金、上位になるとかなりな金額ですし、さらにオリンピックの賞金はすごい。また賞金でなくとも選手は、CMやスポンサー契約などで収入を得られることもあります。しかしそういった大きな恩恵にあやかることができるのはごく稀なようです。

 

スポーツを見て感動すると必ずと言ってもいいほど思うのは、自分もがんばろうということ。こうやってみると、大多数の選手も限られた条件の中で最大限努力しているのですね。

 

そして優勝インタビューなどである、「支えてくれた全ての人に感謝します」という言葉。心の底からの本心なのでしょう。 

 

スポンサーリンク

 

 

関連記事:

momo-tokei.hatenablog.com

momo-tokei.hatenablog.com

momo-tokei.hatenablog.com