ももいろどけいの日記

アラサー女子のブログです。

世界水泳2015結果!渡部香生子女子200m個人メドレー銀メダル

※8月7日(金)渡部選手200m平泳ぎ金メダルの速報はこちら↓↓↓

momo-tokei.hatenablog.com

 

準決勝で日本記録更新していた

シンクロが銅メダル4つという結果で終わり、競泳初のメダル獲得に期待がかかっていた渡部香生子選手!

 

見事に見事に銀メダル!準決勝に引き続き日本新記録を樹立しての快挙です。

後半に大逆転して見ていて感動したレース展開でした。おめでとうございます!!

 

決勝に先立っての準決勝。自身が持つ日本記録を更新しての決勝進出でした。

 

女子200メートル個人メドレー準決勝で渡部香生子(18=JSS立石)が2分9秒61の日本新記録をマークし、全体の3位で決勝に進んだ。

 渡部が2分9秒61と自身の日本記録を0秒20更新し、予選に続き全体3位で決勝に進出した。

 「まだ100%の力で泳いでない。前半はもう少し上げられる」と余裕を見せた。

 

渡部香生子200個人メドレー決勝へ まだ余裕ある - 水泳 : 日刊スポーツ

 

スポンサーリンク

 

 

ちなみに前回の日本記録は、2015年4月10日、日本選手権で樹立したもの。ほんの数か月前です。

 

3年前、15歳で出場したロンドンオリンピック。期待がかかっていたものの準決勝敗退に終わりその後国内レースでも勝てないという大スランプに陥ります。

その後現在の竹村吉昭コーチに指導を受けるようになり、「苦しい時こそ笑顔」という言葉がターニングポイントとなって、復活を遂げて出場した日本選手権。50m平泳ぎ、100m平泳ぎ、200m平泳ぎ、200m個人メドレーと女子で13年ぶりに四冠を達成したときの記録です。まさに現在進行形で成長途中。

 

200m個人メドレー今季世界ランク3位で、準決勝は3位。準決勝はまだ余裕だというところからも決勝に期待がかかります。

 

そしていよいよ決勝。

準決勝より順位を上げて銀メダルでした!!! 

 

決勝のレース 

はじめのバタフライをターンしたときは5位。日本記録と同じペースです。勝負は後半、渡部選手が最も得意なのは平泳ぎだからまだ大丈夫。優勝候補1番手のホッスー選手はやはり1位。

背泳ぎでは順位を落として8位。しかしながら日本記録を上回ってのターンです。

そして勝負の平泳ぎだ!!!追い上げて3位争いに食い込みます。ターンのときは4位。

最後の自由形。スタートから独走していたホッスー選手はそのままぶっちぎりで1位。どうにか3位で…と誰もが思っていたところ、渡部選手は粘りに粘って2位となりました!!!

 

いや~、すごかった!

そして決勝でも日本新記録。

 

修造さん、「何とか銅メダルをと思っていたところ、いや、銀メダルだ!!」と超ハイテンション。

 

渡部選手も監督と、ホッスー選手は1番だろうし、3番狙いでという作戦だったようで、まさかまさかの結果でした。

 

2位になれるとは思っていなかったし、なにしろタイムにびっくりしていますとのコメント。

 

ちなみに準決勝のタイムではメダルは届かなかったそうです。国際大会は経験しているものの世界水泳決勝は初舞台。そしてこの快挙!!!

 

素晴らしいですね。素晴らしすぎますね。

 

 

今後の渡部香生子選手の出場種目

まだまだ期待の渡部選手。これからも出番は待っています。

女子100m平泳ぎ

8月4日(火):決勝

本日、100m平泳ぎ準決勝を泳いだ約40分後に200m個人メドレー決勝というハードスケジュールでした。

100m平泳ぎ準決勝では、後半に他の選手が遅れてきて渡部選手が追い上げ、レース中3位、全体で5位で決勝進出を決めています。この後に勝負の決勝戦が控えていたことを考えれば妥当な成績です。

女子200m平泳ぎ

8月6日(木):予選・準決勝

8月7日(金):決勝

4×100メドレーリレー

8月9日(日):予選・決勝

 

世界ランク、200m平泳ぎは1位、100m平泳ぎは4位の渡部選手。金メダル獲得してリオデジャネイロオリンピック出場の座をつかんでほしいです!

 

スポンサーリンク

 

 

関連記事:

momo-tokei.hatenablog.com

 

momo-tokei.hatenablog.com

 

momo-tokei.hatenablog.com